会員・指導力開発委員会
基本方針・事業計画

委員長 幸野 利広

基本方針

 指宿青年会議所は、長きに渡り高い志をもち、今日まで指宿の輝かしい歴史や伝統の礎を築いてきましたが、近年JCの魅力を熱く語れる諸先輩の卒会に伴う会員数の減少は後進の育成力の低下に繋がっています。私達は、何事にも当事者意識を強くもち、一歩を踏み出す勇気と高い志で常に挑戦し続け、同じ時代を生きる人の意識を変革できる、魅力溢れる地域のリーダーとして更なる成長を遂げる必要があります。

 まずは、会員研修事業として、長きに渡り指宿青年会議所を牽引してこられた先輩方の志を継承すると共に、JC三信条「修練・奉仕・友情」に基づいたJC活動を体感できる「丸に十の字点灯」事業に取り組みます。この事業では、これまでの指宿青年会議所の先輩方の失敗談や成功の経験を活かし、「修練」を積むことで、JAYCEEとしての一歩を踏み出し今後のJC活動に繋げます。また、会員一同が集う例会の場を活かして、本事業の目的・問題点などを全員で共有し、指宿青年会議所メンバー全員で取り組んでいきます。そして、「まちの為に、自分は何ができるのか」、その為に精一杯活動してこられた先輩方の足跡を辿ることで、「現役会員である自分たちは何ができるか、何をするべきなのか」指宿青年会議所の今後の在り方について向き合える場となるような本事業の運営を行いたいと思います。自らの成長と共に郷土・指宿の発展を担うべく、「奉仕」の心で手を取り合うことで、会員同士の友情を育み、互いに切磋琢磨し、影響し合いながら、より高い頂を皆で目指していきます。

 会員研修事業を通して、メンバー一人ひとりが一歩前に踏み出してJCの事業に勇気をもって挑戦することで、地域に必要とされる魅力溢れる地域のリーダーとなると確信しております。「志操堅固」の心を胸にこの1年JC活動に邁進してまいります。