広報・社会開発委員会
基本方針・事業計画

委員長 濵田 紘行

基本方針

皆さん「SDGs」という言葉をご存じでしょうか。2015年に国連で掲げられ、「持続可能で強靭、そして誰一人取り残さない、経済、社会、環境の統合的向上が実現された未来への先駆者をめざす」というビジョンを指針に多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標です。そこで、我々指宿JCも「SDGs」について正しく認識し、JC活動に取り組み、その活動を地元へ強く発信する事で、地域活性化に繋がると考えます。

まずは、我々メンバー自身が「SDGs」について学び、理解する事が活動の第一歩目になると思います。そして、例会等でのワークショップでメンバー自身が学びます。さらに、グループディスカッション等を重ね、17のゴールについて深く勉強してもらいそこからグループディスカッションを行います。さらに、メンバー自身が「SDGs」について理解力を高めた上で、各々の会社や家庭等に持ち帰り「SDGs」について様々な形で活かしてもらいます。また、今年度予定されている事業等が「SDGs」のどのゴールに当てはまりまちにどのような影響を与えているのかというのも同時に、模索していきます。そして、これらのインプットとアウトプットを楽しみながら何度も繰り返すことで、メンバー自身、各企業の成長に繋がると考えます。まちづくりの一端を担う我々がこの取り組みに対し一丸となって進むためにも理解度を向上させながらも、情報の共有は必要不可欠ですので、継続して自分の言葉で発信し続け、まわりへ波紋を広げていきます。また、これらの実践は、SNSを活用し指宿JCの取り組みとして発信し共有を図ります。この発信が新たな波紋となり、よりよいまちづくりに繋がることで、世界も豊かになると確信します。

これらの活動を通して、SDGsをより理解することで、メンバー自身が成長し、まち、職場、家庭でリーダーシップをとることで、わずかかもしれませんが、まち全体が豊かになると信じています。最後に、二度目の委員長ということで、自分自身がさらに成長出来るように活動して行こうと思います。